小学生の家庭教師

小学生の学力は個人差が非常に大きいのが特徴です。
ほとんどの子供が、地域の小学校に進学するので学校やクラスの中でも非常に大きな学力差があります。
幼児教育に熱心な家庭に育った子供と、そうではない家庭に育った子供では学力はまったく違います。
しかし、この頃の学力で将来的な学力は測り兼ねるのです。
小学校の低学年では、成績が低迷していた子供が高学年になって一気に勉強に目ざめるというのは、よくある話なのです。
残念なことに、この逆もある話です。

中学校も、地域の公立学校に進学するときには、本気の勉強を始めるまでに少し時間的余裕があるのかもしれませんが、中学受験をするとなると後者のケースでは大いに困ります。
小学校の高学年で成績があまりふるわないということは、中学受験という一つの選択肢を無くすことになります。
もちろん中学受験をしなくても、いい教育を受ける機会は何度でもやってきます。
しかし、もし、子供自身が中学受験に関心があったなら、いつでもそれを選択できる状態にしておきたいものです。

小学校の成績の良し悪しを決定づけるものは、本人がいかに勉強するかということしかありません。
ガリ勉をしても効果が上がらないこともあります。
ゆっくり過ごしていても、いい成績の子供もいます。
勉強は効率が大切です。
本人が自然に効率的な学習方法を身に着けているのが一番です。
しかし、現実にはそれができれば苦労はないのです。
そこで、保護者の協力が不可欠になるのですが、保護者の方にも得手不得手があります。
保護者の方が学習指導が得意でない場合にお役に立つのが家庭教師です。